精神安定剤や抗不安薬をのむことで苦しんでいませんか

安定剤 睡眠導入剤 抗うつ薬について 

安定剤は 最初 よくきく感じがします

睡眠導入剤も 

安定剤 抗うつ薬を飲んだら、感情をマヒさせてくれますから 確かに、苦しみが減ったかのように感じます。


実際に、うつや神経症から開放される人も 多くいるのは事実です。


しかし、それは つかのま だんだん効かなくなったり

他の症状が出てきます。


そして、精神薬が増えるほどに、状態が悪くなっていって

いつの間にか お薬ばっかり


そして、以前は 出来ていたことが できなくなったり

人に会うのが嫌になったり 甘いものがむしょうに食べたくなったり

普通の食事がおいしくなくなる 

人格が変わってしまうことも実際にあります。


症状に応じて薬がでる だから、薬の副作用が出ているのに その副作用をおさえるために、さらに薬が追加される…

そうしていく内に人格が変わってしまい 以前の自分ではなくなる

こういう現象が実際に多々起こっているのです。


でも、薬を服用することを否定しないください

ゆっくり、なくても生活できるようになるまで、助けてくれている

と思ってくださいね



”自己判断で薬を急に減量する”のは非常に危険です。

・薬がないと 生きていけない 情けない

っていうか 生きていたくない。どんどん悪くなるし、薬は増える

「抗うつ薬、抗不安薬、精神薬は、できれば飲み続けたくない」

「でも、先生には本音を言うと、嫌われて もうどこにも頼れないし

かといって 自己判断で薬をやめて悪化することが本当に怖いし」


こういう思考はご自分を責めています

ですから、自然にあれ?なくてもだいじょうぶ!って思えるように

自分の治す力を認めましょう



ご本人だけでなく、ご家族が心配されて相談にいらっしゃいます


その時に合った漢方でサポートしながら、ゆっくりゆったり

前のご自分に戻るお手伝いをします


お気軽にご相談くださいね



0回の閲覧

電話番号/072-846-7865

 

営業時間/10:00-18:00

     (土曜日-17:00

 

定休日/日曜・祝日