自分の内側も見てあげましょう

心の中でまだ起きてもいないことを、くよくよくよくよ悩む 


過ぎたことをリフレインして 何回も嫌な気持ちを味わう

自分の環境、他人との関係など


もっとうまくいくはず  自分が悪いから 努力が足りないと 

自己否定をする、または、周りを恨む


理想通りの 自分でないことに 不満足であること



それが肉体に反映し、様々な病をつくってしまうこと

あるようです


 だから、新しい病が起きるたびに治療をしても

その根本的な心の思いの中で、悩み、苦しみ、などから

抜け出ない限り、


また新たな病をつくり出し、自分で自分を苦しめる、

永遠に自分を責め続けていく


 だから、大切なのは、病気や薬を 、病気を治す方法、

治療方法や薬ばかりを追うのではなく、


自分の中にある自己の概念、

否定的なところを見ている事、

まだ起きぬ未来に対して心配や過去の事を悔んでいること

他人に傷つけられた事など 


つまり 全部 自分の外側の出来ごと

悩んで、苦しんでも どうにもならないんだと気づいて


その思いから心を、解放してあげて、

あるがままに 今 を認めていく必要があるのでは

ないでしょうか


病の根本的なものは、自分のものの見方にあるということ

出来ごとに いちいち 善悪を 見つけず

ただ、 そのまま 受け止める


そうしていくと 心が 穏やかになり


今 与えられているもの あるもの 


自分自身にも 感謝がうまれる そして


たとえ 今は病気でも 

自分の心と身体をいたわり

自分には 治す力があるんだ! と 認めると


身体(細胞)は喜んで 病気を治すために 協力してくれる

そんな気がします。


心を、解放してあげましょう。


お体、心の悩み、お話し下さいね。


あなたに合った漢方やちょっとした生活のヒントなどお伝えしたいです

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

今の 自分の考えを見張る!!

うつ病でお悩みの方だけでなく ガンや重い病気 または 日頃の様々なストレスで 病気になりやすい人と お話していると 共通点があります それは 「今がない」 ということです 過去の出来事にとらわれているか 未来への不安を抱えているか どちらかです。 人間は なんと だれでも 1日に6万回 思考 しているといわれています。 習慣的な考えの80%がネガティブなこと! そして95%が昨日と同じ思考だそうで

信頼